自分のルーツを探る vol.2

前回の記事に書いた通り母は亡くなっていますが、

幸いなことに父は健在です。父の幼少期について聞いてみました。

 

こんにちは、ケアラーサポート代表の佐々木景子です。

 

前回書いた記事のように、先日実家に帰省した際に父に聞いてみました。

 

実は昨年、偶然のきっかけが重なって父方の祖母の生まれ故郷であり、

父が小学1年生〜6年生まで過ごしていた北海道旭川市に、

主人と娘と、家族ぐるみで仲良くしていただいている

お知り合いとで訪れていました。

 

今度は父方の祖父の生まれ故郷、青森県弘前市について

聞いてみることにしました。

 

「来年は弘前の方に行ってみたいと思っているんだよね」

 

そんな風に話を切り出しました。

 

やっぱり父は弘前のことでたくさん伝えたいと思っていたことが

あったようでした。

 

以前住んでいた住所、東京に移してくる前のお墓のこと、

隣の市に住んでいる親戚のこと、小さいころに見上げた津軽富士(岩木山)のこと・・・

 

時々、話で聞いてはいたけれど、

まとまってしっかりと聞くことははじめて。

今回はきちんとノートに記録しました!

 

アドバイスいただいたのは、一緒にケアラーサポートのサポーターとして

活動してくださっている佐川京子さんと、松原マユミさん。

 

「もし何かあった時に、家族や介護認定調査員の方などに伝えるとき

 きちんと日付をいれたノートに記載しているといいですよ」

 

と教えていただいたのです。

 

こうしたきちんとした記録に残しておくことは、

後々わたしの根っこを太く感じさせてくれるし、

自分の姉達に伝えるときにも曖昧な記憶で伝えるのではなく、

記録として伝えることができるのでとてもいいですね。

 

父のことを知っている”つもり”になるのではなく、

人から聞かれた時も答えらえるように。

 

それはつまり自分のことを深く知ることと同じ。

とても大切なことですね。